Android厨だった私がiPhoneに変えた理由

※あくまで個人の意見です。また、特別Apple社を好んでいるということもありませんので、スマホを変える際の一個人の判断基準として受け取ってもらえれば光栄です。

 

まず、「なぜiPhoneにしたか?」を書く前に、私自身の携帯電話に関する諸々を知ってもらう事で私が携帯電話に求めている事、重要にしている事を把握してもらいたいと思います。(携帯電話の使い方は、人それぞれだと思うので)

 

  • 携帯キャリア docomo
  • スマホ AQUOS PHONE SERIE ISW 16SH → Arrows NX F-01F → iPhone7
  • よく使うアプリ LINE、TwitterGmailYoutubeニコニコ動画Evernote、ゲーム(Shadowverse、将棋ウォーズ、パワプロなど)漫画閲覧アプリ、Chrome
  • 携帯電話に求めるモノ 電池持ち(最低でも1日充電なしでやっていける位)、処理速度(3Dゲームがカクつかずプレイできる位)、アクセサリの豊富さ(手帳型のスマホケースにこだわり有り)

 それでは、機種変更前日の気持ちになって、どの機種が自分のニーズに合っているかを考えていきます。

 

まず、私が考えたのが「SIMフリースマホ」です。通信費が浮くに越したことはないと思い、Googleで検索。そしてこの記事チェック。

【2017年版】外さないおすすめのSIMフリースマホとは?

おすすめ度とかが星で表示されているから、スペックとおすすめ度の★の数をざっとスクロールして見る・・・。「ん?この機種すごい評価いいな」と思って見てみると、そこは「Arrows」「AQUOS」「Xperia」など御馴染みのAndroid達。やっぱり、格安スマホは大手のスペックには敵わないのか、と思いながらスクロールを続けると「全部★5?なんだこの機種。」ーーー答え iPhone7

 

びっくりしましたね、みなさんにもこの驚きを体感して欲しいくらいに。ここで無意識にに倒置法を使ってしまうくらいに。

ここで私は、「iPhoneの何がこんなにも、この記事を書いた人に★をつけさせるのか?」と考え、AndroidiPhoneを比較をしたブログを見てみることに。

AndroidとiPhoneの違いを比較!2017年

この方も私と同じようにどちらに肩入れしている訳ではないと言っています。

このブログを読んで、iPhoneのココがいいと思った所は

・ヌルヌル感

・アプリ・アクセサリの種類の豊富さ

 

Androidでは

・戻るボタンの存在

ウィジェット、メニューのカスタマイズ

 (iPhoneにしてみて、何気なく使っていたこれが神だと気付く)

Google謹製アプリ(特にGoogle日本語入力

Apple Storeにないとは思わなかった。私は、キーボード設定で日本語入力がテンキー、英語はQwertyが一番使い勝手が良いので、1タッチで切り替わらないiPhone標準装備のものは使いづらい。現在は「Simeji」を使っているが、1文字進む/戻るボタンがないのがやや不満。今後使用し続けて不満が残るようだったら変更するかもしれない。よろしければ、オススメの入力アプリを教えていただきたい。)

 

 

読み終えてから、機種を絞っていく気になる。

まずは、電池持ちに関して。

ここで私、重大な勘違いをしていたことが発覚。

バッテリー容量が大きい=電池が長持ち では、ないんです!!

無知を晒しているようで恥ずかしいですが、私と同じように誤解している人がいると信じて強調させていただきます。

詳しくはこちら 

スマホ用語「電池容量○○mAh」「連続待受時間」。スマホ購入時の重要ポイント | スマホで困ったときのQ&Aサイト

バッテリー容量ではなく、連続待受時間と連続通話時間を見る、と。

そこで、ランキング一覧を見てみる。

最新スマホ126機種徹底比較|スマートフォンガイド

↑を見ると連続待受時間が長くても、連続通話時間がその割には短いということがわかります。

ここらで、電池持ちを考えてスマホを絞るのは困難だと考えて、とりあえず保留。

 

次は、処理速度。

まずは指標となる数値が何なのかを調べる。

意外に知らない!?――スマートフォン選びで重要なスペックの見方 | THE PAGE(ザ・ページ)

このサイトが、個人的にわかりやすかったです。

「CPU=作業する人」「RAM=机上の広さ」「ROM=引き出しの大きさ」という例えがわかりやすい。私の場合、「CPUが大事かな」と思い、すぐさまランキングサイトへ

http://yasu-suma.net/sim-free/antutu/

ベンチマークについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

スマホのCPU性能を比べる為のベンチマークの見方と信頼性について 〜ぷくぽく〜

 

どうやらiPhone7の処理速度が良い、と。だけど、まだ決めるのは早い。

(念のため言っておきますが、筆者がiPhone plusに興味を示さないのは友人が持っているものを使わせてもらった時にサイズが大きすぎて使いづらかったからです。私の手が小さいからだと思いますが・・・)

とりあえずは、「ランキング上位にあるスマホならいいかな」という感じで処理速度編は終わり。

 

最後に、アクセサリの豊富さ。

これは言わずもがなiPhoneが一番多い。日本のスマホのシェア率は、iOSは66.2%、Androidは33.1%(2017年1月時点)

まぁ、そのおかげもあってかApple社は日本向けの開発もしてくれているように思えます。(Suica対応など)

しかし、iPhoneでなくても手帳型のスマホケースぐらいなら、そこそこの知名度のある「Xperia」「Arrows」「AQUOS」などなら種類も選べる。手帳型というだけなら、格安スマホでもなくはない。

アクセサリに関しては考慮する必要がないと判断し、前述の電池持ち、処理速度に絞って、機種を絞っていくことにする。

 

ベンチNo1スマホは?Antutu ベンチマーク結果 | 2017年1月ランキング

このサイトの上位とサイトを色々回った時によく目にしたものをピックアップ。

iPhone7、OnePlus3T、LeEco Pro3、Lenovo ZUK Edge、Xiaomi Mi5s、HUAWEI Mate9、Arrows NX F-01Jぐらいですかね。

個々の評判を調べてみる。

iPhone 7

Huawei Mate 9とOnePlus 3T 4G

LeEco Le Pro3

ZUK Edge

Xiaomi Mi5s

arrows NX F-01J

どうやら、OnePlus3T、LeEco Pro3、Lenovo ZUK Edge、Xiaomi Mi5sあたりは手に入れづらいようです。(店頭取り扱いがないので、自宅に取り寄せという形に)さらに、修理が必要なときになにやら面倒くさいらしい、ということでiPhone7、HUAWEI Mate9、Arrows NX F-01Jに絞って考える。

 

Arrows NX F-01Jもそんなに、前の世代の機種と比べて進化しているわけではないとわかり、さらに2つに絞る。

 

ここから、iPhone7とHUAWEi Mate9の一騎打ち。

Huawei Mate 9 vs. Apple iPhone 7 Plus - GSMArena.com

↑英語サイトのため翻訳をONにして読むといいかも

 

スペック自体はややiPhoneが上回っているが、そこまでの大差はない。

あとはもうお金との相談ですかね。

私の場合は、家族が全員docomoなので割引が効いたりするのでiPhoneにしましたが。

 

・・・ということでiPhone7になりました。

 

使って2日経ちますが、処理速度や画質の高さに驚いたり、Androidと違いなれない部分もありますが、買ってよかったと思っています。

 

買って1ヵ月後の使用感をこちらへ書きました。

 

mitsuya15.hatenablog.com

 

 

閲覧ありがとうございました。

ご不明な点がありましたら、質問をいただけると幸いです。